アコースティックギター製作家 杉田健司とそのスタッフによるギター製作やリペア作業の様子を紹介

Blogブログ

Carrera 000 マートルウッドその2

新たなバックデザインの完成形を先にFBの僕のアカウントで投稿したのですが、ここでもう少し詳しく手順を紹介します。
砂風呂には熱すぎる
交差するパフリングは立体的に一方のラインの下を潜ったように見せようと、パフリングにボカシを入れます。熱した砂でパフリングを焦がして陰影をつけます。

彫り込み完了
通常ならばバック製作の初期段階でセンターラインを入れるのですが、パフリングとの関係をうまく合わせるためにはボディを組み立ててからの方が上手く行くことが解り、手間はかかるのですが最終段階でセンターラインを入れています。

アーガイル
アーガイルを使う案は何年も前からあったのですが、今回ようやく日の目を見ることができました。

立体交差
パフリングは立体交差して見える感じに仕上げました。ラインがカーブしつつ太さを変化させたりするので ムズカシーッ!
カッタウェイ
カッタウェイのコンターはネックに向って次第に深く掘り込んで、更なるプレイアビリティ向上を目指しています。

ここ数年、肘など身体に接する部分にやたらとコンター加工を入れるのが流行っているのかもしれないけれど、僕はあまりやり過ぎて下品にならないように気をつけています。携帯電話の「全部入り」みたいのもどうか?と思います。

Carrera 000 マートルウッド

マートル、ステップ1
どうも!スギタケンジです。  最近ブログを書いていたのは僕ではありません、一番身近なひとです。これからも時々(ボクよりは頻繁に)登場してくれると思います。
バックにアーガイル柄を入れた第二弾 Carrera 000 マートルウッドS&B/シトカTop です。初回は頭の中で考えた手順でかなり苦労してしまったけれど、今度はスムーズにいく(たぶん)と思います。
マートル、ステップ2
諸々の理由で、ボディが組み立ってからインレイします。

外は春だった。

このところ家にこもりっきりで作業し続けていた杉田が昨日少し遠くのホームセンターに行き、今年はまだ桜を見ていなかったことに気付きました。富山のソメイヨシノは終わりかけています。彼は、ソメイヨシノより少し遅れて開花するしだれ桜を見て「外は春だった。」と言っていました。

というわけで、休む間もなく仕事しております。只今 Carrera OOO のバックの接着作業中。サイド&バックはマートルウッド。木目がとっても綺麗です。

後ろ姿も素敵!

塗装途中のCarrera OMのバックです。

杉田は長年アーガイル柄のモザイクを使いたいと考えていたようです。

今回初めて形になりました。良いでしょ?

一反木綿?

こちらは先日ご紹介したもの同様、TOKYOハンドクラフトギターフェス2014に出展予定のCarrera OOOです。まだ薄っぺらいですが、良い音を出すギターになってくれる事でしょう。

 

花粉症

花粉症の季節ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
杉田も花粉症のため、マスクをして花粉症と仲良くしながら仕事してます。

現在、TOKYOハンドクラフトギターフェス2014に出展予定のCarerraOMが塗装前の磨きに入っております。さて、何本出展できるのでしょうか。

 

改造人間キカイダー

・・・あれは「人造人間キカイダー」
ここのところ製作が滞りがちで多方面に迷惑おかけしておりますが、いったい何をしているのか?というと治具や機械を見直しています。
縦置き
これは元々ベルトディスクサンダー。ディスク部分は取り外して縦型サンダーとして使おうと。運転時のブレを軽減させるための固定方法を考えると本体も縦にしたが、ぶら下がり健康器みたいだ。テーブル部分は丸鋸のサブテーブルを移植した。しかしこれは機械に無理な力がかかり、スイッチ部分から煙が・・・

正統派
素直に設置すべく組み立て直し、しっかりとした鋳物のテーブルをつけた。単管で組んだら思いの外大きくなってしまったが、まあいいか。実物は写真よりかなり厳つい。
続きを読む …

ちょっと前の・・・

バック
年末ぐらいに作ったSJのバックですが・・
どうかなあ?

SUGI CRAFT Nougat

ヌガー×6
明日、  あっ、もう今日か。  大阪でサウンドメッセです。スギタケンジは出展しないけれど、リニューアルしたスギクラフトのヌガーが展示されます。

Nabowa 山に登る

Nabowa
僕の夏季の仕事である山小屋で、京都を拠点に活動している4人組インストゥルメンタル・バンド、Nabowaのライブがありました。もちろん歩いて来ました。詳しい事は大日小屋HPに書きました。
かなり良いです。