アコースティックギター製作家 杉田健司とそのスタッフによるギター製作やリペア作業の様子を紹介

Blogブログ

Dolphin I


久しぶりに Dolphin I を作っている。まあ、投稿自体かなり長い間していなかったが、休業している訳ではなくずっとバックオーダー分を作っている。
そんなところに一作目の Dolphin I がリペアで工房に来ている。糸巻きが壊れたとのことだが、この当時の糸巻きは現在入手できないためSUGITA KENJI オリジナルペグに交換することになった。
今作っているものと一作目を見比べると同じモデルだが色々違う。どちらのギターも良いとは思うが、ずいぶん違う。 ま、「確かこんな感じだったよなあ~」って言いながら作っているから、「こんなんじゃなかった!!」って怒られちゃうかな?でも10年以上前のモデルをそのまま作るなんてできない。なぜなら僕は今も製作を続け、進化し続けている(・・と思う)から。センスもテクニックも変わっていく中でいま納得できるものを作ろうと思う。それがオーダーしていただく方の期待するところじゃないかな。

なごり雪 / 西村歩

立春が過ぎて少しずつ春の気配を感じて来るようになりましたね。

そんな春の訪れを感じる曲がアップされてます。

Guitar : Carrera OM
Top : Adirondack Spruce
Side & Back : Madagascar Rosewood

新年

明けましておめでとうございます。
本年も極めて少量製作な由、それだけ魂のこもった密度の濃いギターを製作していきます。よろしくおねがいいたします。

昨年末は屋根の雪下ろしと工作機械の移動が原因で腰を痛めていました。それに加えて餅つきではりきりすぎたため腰痛、筋肉痛のダブルパンチでヘロヘロの元日を過ごしております。そんな疲れを癒す名曲がアップされています。

クリスマスソング By 伍々慧

梅雨入りの投稿からあっという間に4カ月経ってしまいました。この間ずっと山中心の生活でした。

10月後半には山小屋のお仕事も無事終了し、ギター製作の仕事に集中しているところです。また製作の様子をアップできるように頑張ります。

こちらはおなじみ伍々慧さんです。

使用ギターは、Carrera  SJ

Top               German Spruce

Side&Back      Brazilian  Rosewood

梅雨入り

北陸は平年より早く梅雨入りしました。楽器にとって湿気は禁物。工房では、夏になると3台の除湿機+エアコンが稼働します。先日除湿機が1台壊れたのでリニューアルしました。こちらは、乾燥室。常時湿度が45%程度に保たれるように調節しています。みなさんの楽器も、湿気に気をつけてくださいね。

Dolphin II SJ

5月24日・25日に東京錦糸町にて開催の「TOKYOハンドクラフトギターフェス」に出展する3本が完成いたしました。沢山の方のご来場をお待ちしております。

寝食を忘れて製作に励んだ結果、なんだか目がやばいです。こちらも入魂。呪いはかけておりません。

Carrera OM 魂が入りました

昨日のマートルウッドに加え、Carrera  OMも完成間近です。こちらはよく見る調整、いや、入魂の作業です。

入魂

東京ハンドクラフトギターフェスに出展予定の最初の一本がそろそろ完成いたします。こちらは、杉田による入魂の作業。毎回するそうです。初めて見たけど・・・。

ゴールデンウィーク

連休も無事終わりましたね。杉田は、例年ゴールデンウィークはこちらでお仕事です。

北アルプス大日小屋 http://www.dainichigoya.jp/

今年もあり得ないほどの日焼けをしまして、顔に氷をあてながら仕事してますよ~。

さて、月末のTOKYOハンドクラフトギターフェスに向けてもうひと頑張りです。

外は春だった。

このところ家にこもりっきりで作業し続けていた杉田が昨日少し遠くのホームセンターに行き、今年はまだ桜を見ていなかったことに気付きました。富山のソメイヨシノは終わりかけています。彼は、ソメイヨシノより少し遅れて開花するしだれ桜を見て「外は春だった。」と言っていました。

というわけで、休む間もなく仕事しております。只今 Carrera OOO のバックの接着作業中。サイド&バックはマートルウッド。木目がとっても綺麗です。